IMG_5542

ガタ友がInstagramに投稿してた

「唇のブローチ」

それはそれは可愛くって…欲しくって…

『新潟市美術館』で買える!と知る。

どうやら…絶賛開催中の

『マン・レイと女性たち』の展覧会記念で

『ミュージアムショップ ルルル』で販売中!

と…『マン・レイと女性たち』

これまたなんだか面白そう。


IMG_5526
※本記事は新潟市美術館提供によるタイアップ広告です。


会場は、

『新潟市美術館』企画展示室。

IMG_5540

IMG_5541





開催中の企画展

『マン・レイと女性たち』

20世紀を代表する芸術家

「マン・レイ」の世界をめぐる展覧会!と…

4784081479992884748.35b71d38d4722d4407f92c0ae17623a9.22081601

「マン・レイ」さん…

お許しください…ガタ子はじめまして。汗

どうやら…写真、絵画、彫刻、

オブジェや映画…など

幅広いジャンルの作品を残した

スゴい人らしい。

展覧会になるくらいだもの

スゴい人ってのは当然か。笑

4784081479992884748.3ead3f10f22960f68bff1268cb17790c.22081602

特に才能を発揮したのが写真の分野!

その中から!今回は、

20世紀の女性たちの写真をはじめ

約260点もの作品が展示されてるらしい。

260点!?Wow〜これは期待!

FullSizeRender

なんと!モデルになってるのは

恋人だったり芸術家仲間だったり…

マン・レイに影響を与えた女性たち!と…

激動の時代を自分らしく生きた女性たち。

その個性と美しさを作品に!ってことみたい。

いわゆる本物のモデルじゃないのか。

なのになんて美しいんでしょう。

IMG_5447

印象的だったのが…

「ソラリゼーション」って技法の作品。

なんというか…独特で…

輪郭が濃〜く出てて…

髪にはツヤがあったり、

肌も陶器みたいに綺麗で…

約100年も前に撮られた写真とは

思えないくらいの鮮明さ。

IMG_5536

彫刻とかオブジェもあったけど…

帽子にジュエリー、

ココ・シャネルの刺繍ドレス、

なんかも展示されててかなりトキメク。

ジュエリーが超絶シャレオツだった…

ガタ子には、ご縁はなさそうだけど。笑

4784081479992884748.c4e63a93b66776217bc2f103c5a953d9.22081601

そしてガタ的インパクト大だった

宙に浮かぶ大きな唇の絵!

絶対見て欲しい!全人類に見て欲しい!

レベルの異空間感と美しさ。

当時マン・レイとお付き合いしてた

「リー・ミラー」って女性の唇らしい。

ガタ子が欲しかった唇コレ!!

IMG_5508

芸術に疎いガタ子も

想像以上に驚くほど楽しめた。

ガタ子にはもう「芸術の秋」

来ちゃったな〜〜笑

展示室出てからフォトスポットで

記念にパシャリ!

展示室回った後の方が

美しく見える不思議。笑

IMG_5443

せっかく『新潟市美術館』来たんだから

『こかげカフェ』でちょっと休憩。

美術館内のカフェとは思えぬ

ドリンクもフードも大充実!なお店。

IMG_5484

ちなみにガタ子、ちょいちょい

ベーグル買いに来る…笑

けど、今日はベーグル置いといて…

企画展にちなんだ

特別メニューのソフトクリームをば!

4784081479992884748.566ed88eaf80845915d57d1aadbcd674.22081601

4種類あるソフトクリームは、

『マン・レイと女性たち』に登場する

女性たちをイメージしてる模様。

「唇×いちご」と「蝶×いちじく」を。

4784081479992884748.567fd3895dcc5091bbe247ae3d5154fa.22081601

豆乳ベースで作られてる

ヴィーガンソフトクリームなんだけど…

想像してた5倍は甘い!!

もっと素朴な味かと思ってた。

ジャムとクッキーの相性もグー!!

量的1人2つはいける。笑

4784081479992884748.3a869c7162165a0aabf056f77670318e.22081602

驚くほど楽しめた!

はじめましてだった『マン・レイ』が

今完全に推しの芸術家さん。

もう1回来たいかもだ。

他にもいろんな展示見てみたい欲。

なんて急に芸術モードに入った。笑

美術館で美術鑑賞…なんかハマる。

IMG_5409

開催期間は、9月25日まで。

ガタ子も写真撮って貰って

ソラリゼーションで美しく残したい。笑


【イベント情報】
イベント名:マン・レイと女性たち
開催期間:7月2日~9月25日
時 間:9:30~18:00
会 場:新潟市美術館 企画展示室
住 所:新潟市中央区西大畑町5191-9
観覧料:一般1,500円、大学生・高校生1,000円、中学生以下無料
休館日:月曜(祝日又は振替休日の場合はその翌日)
問合先:新潟市美術館
電 話:025-223-1622

※本記事は新潟市美術館提供によるタイアップ広告です。


1.広告掲載募集バナー_01_11