20181130wind_main (1)

ガタ子、こう見えて結構映画観る。

※見えませんが…笑

時間があれば映画館行く。笑

そんなガタ子に朗報!!

「シネ・ウインド」で

「デジタルネイティブのための現代フランス映画たち」

なる特集上映を開催!と…

フランス映画…未知の領域かもだ。


現代フランス映画特集チラシol4-1
※本記事はシネ・ウインド提供によるタイアップ広告です。


場所は、万代。

「シネ・ウインド」

IMG_5782[1]

IMG_5783[1]





フランス映画…フランス…

パッと出るのが『アメリ』『レオン』

検索してみると…

『最強のふたり』とか『エール!』とか

なにげに知らずに見てるのあった。

名作揃いで震えてる…笑

IMG_E5789[1]

で、この度上映されますわ

現代フランスの若者たちが活躍する3作品。

あの!「カンヌ国際映画祭」にも出品された

『パリ13区』

『GAGARINE/ガガーリン』

『レ・ミゼラブル』

が期間ごとに上映予定!

ガガーリンポスターデザイン

おぉ゛~~!『レ・ミゼラブル』なんて

アン・ハサウェイが出た映画!な

イメージだけど…それとは別の

フランス映画があるのか〜

フランス映画だとどう描かれるのか…

完全に今、なうで観たくなってきた。

Les Miserables POSTER

どうやら…3作品全部鑑賞した人には、

抽選でプレゼントもある模様!

プレゼントは…

フランス人漫画ユニットの

アトリエ・セントーが描いた

新潟が舞台の漫画『ONIBI』

日本語版とフランス語版あり。

IMG_E5788[1]

どんな内容なんだろ?って

調べてみたら…まさかの妖怪系!?

だから日本版だと「鬼火」か…

賞も受賞してるっぽいし…

新潟が舞台って…超絶キニナル!

これは俄然読みたくなるヤツ~!!

IMG_E5794[1]

そして今回すごいのが…

若い世代向けのサービス!!

なんと該当3作品は、

10~20代の入場料が500円に!!

って、500円!?

3作品観ても1,500円!?Wow!

メルシーボークーだ。

パリ13区チラシ

おっと…10~20代だけかぁ〜!!

完全なる30代のガタ子は、

500円にならない悔しさ。無念。笑

現代フランスの若者たちが

活躍する作品だから?なの??

年齢制限には抗えない現実受け止める。笑

02 (1)

地域コミュニティと

密接に関わってる3作品!ってことで…

各作品の初日上映後には、

フランスの地域社会に詳しい新潟大学工学部の

寺尾仁先生によるセミナーも開催。

映画観て、お話聞いて…

さらに現代フランス映画に関する

理解深まる感じ?かな??

IMG_E5787[1]

ちなみに「シネ・ウインド」では

フランス製の映画専用座席を導入してる様子。

座席の色は、冬のあとに訪れる

春の青空をイメージしてるらしい…

なによ…なんかステキ。笑

フランス製の座席でフランス映画を鑑賞…

万代でフランス気分…なんかアガる。笑

映画観ると「万代シテイ第二駐車場」

5時間無料になるし…万ぶらして帰る!で。

cinewind_zaseki20190725 (1)

開催期間は、5月21日~9月30日。

たまにはお洒落にフランス映画鑑賞~

ってのもいいかも。

期間も長いし、全作品観て…

『ONIBI』…当てにいきたい!!笑


【キャンペーン情報】
キャンペーン名:デジタルネイティブのための現代フランス映画たち
開催期間:パリ13区(5月21日~6月3日)、ガガーリン(7月9日~22日)、レ・ミゼラブル(9月17日~30日)※各作品とも火曜定休
料 金:29歳以下500円、大人1,800円、60歳以上1,200円、シネ・ウインド会員1,100円
問合先:新潟・市民映画館シネ・ウインド
電 話:025-243-5530

【施設情報】
施設名:シネ・ウインド
住 所:新潟市中央区八千代2-1-1 万代シテイ第2駐車場ビル1F
電 話:025-243-5530
営業時間:上映作品に準ずる

with the support of Unifrance

※本企画は、ユニフランス(フランス映画を国際的に宣伝・振興する組織)が行なう日本の映画館支援プログラムによるものです。

UNI_LOGO_B_EXE


※本記事はシネ・ウインド提供によるタイアップ広告です。


1.広告掲載募集バナー_01_11