村上名物『鮭冬葉(さけとば)』を食べてみた。

村上市にある『永徳』の鮭冬葉。

ガタ子の大好物である。

久しぶりに村上へ行ったので迷わず永徳へ。



鮭冬葉購入!

画像1


友人に勧めたところ、鮭冬葉を知っているのはおおよそ3割。

大半が鮭冬葉を知らないという事実に驚愕、、

こんなに旨いものを知らないでいるなんて気の毒〜

と言ってもガタ子も5年前までは知らなかった。


まずは鮭冬葉とは。

Wikipediaにも実は載っている(驚)

ウィキによると…

「鮭とばとは、秋鮭を半身におろして皮付きのまま縦に細く切り、海水で洗って潮風に当てて干したものである」

まさに見た目その通り!!

味は。。

しょっぱくって、噛めば噛むほど味わい深い。

スルメの鮭版!


私が鮭冬葉と出会ったのは、

上司と行った出張帰り。

恒例の居酒屋新幹線の始まり。

※居酒屋新幹線とは。

仕事を終えて帰る新幹線の道中。

各々が酒とツマミを持ち寄り呑みながら帰ること。

※正式名ではありません(笑)


村上出身の上司がツマミとして提供したのが鮭冬葉。

はじめましての食べ物。

※上司が出張中、朝からカバンにずっと入れておいた事実にまず驚きますが。

見た目若干のグロテスク感有り。

画像1

画像1


カラカラと乾いた感、

そして皮付き。

食べろと言われてもなかなか手が伸びない。

さすがにずっと拒否することもできず、

やむなく一切れ。

うまし!!

やめられない止まらない。


これまで村上と言えば、

『石田屋旅館のはらこ丼』

『やま信の村上牛』

『村恭のクレープ』

が、うまいもの3兄弟だったのに、

いっきに抜いて、ぶっちぎりのNo.1。


一本ものをちょっとづつちぎって食べる。

画像1


しょっぱさがなんとも・・・

お酒が進む進む。


そのまま食べてもよし!

ちょっぴり炙ってもよし!

ちなみに、いろんなお店で売ってます。

小さく食べやすくしたもの。

塩気が強いもの。

自分好みを探すのも良いですね〜

ちなみに永徳は通販ありま〜す!